溶接愛ツとラリアット

TIG溶接,半自動溶接がメイン。溶接のコツや将来性なんかをネタに皆でワイワイしたいね!

スポンサーリンク

八戸からお届けする美しすぎる溶接ビード

余ってる材料で皆に喜ばれる物を作るのは嬉しいし、溶棒を使わないビードは綺麗に見えるよ。

「灰皿、作ってね♪」 朝の「おはよう」に負けないくらいのさりげなさで言われたので、初めは何のことを言われているのかわからなかった。 次のブログはどんなタイトルにしようか考えながら仕事をしているときだったこともあり(そりゃマズイ)、思考はショート…

【綺麗な溶接ビードの条件は、外観? 幅? もしかして画像の撮り方?】

こんにちは! いつもありがとうございます^^ 溶接ビード大好きのSSメタルです。 「ステンレスが錆(さ)びるって知ってた?」と奥さんに聞いたら、『え?そうなの?』とプチビックリされた私がビックリ! 私たちの業界では当たり前のことが、一般的には全く知…

【冷たい温もり】  公園の溶接ビード

「美しい」って言葉は日常会話で滅多に、ってか絶対に使いません。思ってても人前では恥ずかしいし・・・。ならばせめて、このブログ内では声を大にして叫びたい。 「花が美しいのではなく、花を見て美しいと思う心が美しい」ってよく聞きます。 だけどね、…

カラフルな溶接ビードの色は【熱量】で決まる

溶接ビードの色彩に関する記事です 。 TIG溶接中の溶接温度って 5000℃以上になってるみたいです。 100℃が水の沸点だから、それ以上 となると、正直ピンときませんが 太陽とほぼ同じ温度と聞くと オオ~~~~(≧◇≦)と 感心してしまいます。

凹んだ日の溶接ビード

気持ちが凹んだ時の溶接画像です。 ため息の連続で、溶接ビードが大変なことに・・・。

TIG溶接でステンレス鋼のフランジ、パイプの外観を愛でながらwww 

「TIG」は「ティグ」と読みます! こんにちはSSメタルです。 TIG溶接を始めて間もないころ、 職場にいた先輩がなんちゃって職人で、

八戸からお届けする半自動溶接の美しすぎる溶接ビード ステンレス鋼

溶接はリラックスが大事 こんにちは。 SSメタルです(^^♪ 10月に入り昼と夜で気温の差が激しくなってきてますが、皆さんの体調のほうはいかがでしょうか? 八戸の朝は寒い寒い。 朝、布団から出るのに5分以上かかってしまいます(^^;。 さて今回紹介するのは…

八戸からお届けする美しすぎるTIG(ティグ)溶接ビード ステンレス鋼

TIG溶接と言えばステンレス鋼。 ステンレス鋼と言えばTIG溶接。 今日も張り切って溶接ビードを 紹介します。 まずは仮付けの状態 いざ、本溶接! ステンレスは熱伝導が鉄より約5倍も遅い

こんなとこにも?実は知られていない公園の遊具の秘密~子供たちの安全を守っている溶接たち~

こちらは八戸のとある公園。私の子供も大変お世話になってます。 実はこんな所にも溶接の技術が生かされています。

八戸からお届けする美しすぎる溶接ビードはいかがですか?

この画像を見ていただいて 「綺麗な色してる」と思った方は…、 溶接のセンスがあります! また 「溶接の幅が同じ」 とか 「これはTIG(ティグ)溶接だな」 なんて思った方は

美しすぎる溶接ビードは穏やかな心から生まれる

SSメタルです♪ 溶接を始めた頃はいつも失敗ばかり。 タングステンだけ消耗したり、 ノズルがズルッと滑ったり。 いったい何本駄目にしたんだろう・・・