溶接愛ツとラリアット

溶接レベル99を目指しながら、技術、知識、経験をお届けします!

スポンサーリンク

TIG溶接【アルゴンガスよりアークが先に発生す場合はガスプリフロー時間の調整を】

ここではダイヘン製のTIG溶接機におけるガスプリフロー時間の調整方法を記載しています。

f:id:ssmetal:20170323204103j:plain

この溶接機インバーターアルゴでは、ガスプリフロー時間が0.3秒に設定されています。 

 

 

ガスプリフローとは

 

アークスタート時、アルゴンガスの放流を開始することにより、タングステン電極や溶接部を空気から完全に遮へいして、溶接スタート時の欠陥を無くす機能のコト。

 

 

 

調整方法

ブレーカーを下げてから、ドライバーを使用し溶接機本体の上蓋を開けます。

 

 

矢印方向が本体正面。 

f:id:ssmetal:20170503155108j:plain

赤丸が切り替えスイッチ(DS1)。かなり小さい!

 

 

 

 

f:id:ssmetal:20170503155055j:plain

 

 

1番~8番まで切り替えスイッチがあります。このうちガスプリフロー時間の調整で使用するのは2番、3番のみ(他はガスプリフロー時間の調整とは関係ありません。)

 

 

 

今の状態を確認。

  • 全てOFF設定
  • プリフローは0.3秒

 

 

 

2番をONにするとプリフローが0.6秒になります。


f:id:ssmetal:20170509170515j:image
(このスイッチは肉眼では見えないほど小さいです。) 

 

3番をONにすると2番の設定に関わらず、プリフローの時間を”0秒”に設定できます。

 

 

ちなみに、溶接終了後まだガスが出てる状態(ガスアフターフロー時間内)で再びスイッチを押すと、作業能率向上のためガスプリフローの時間は自動的にゼロになります。(取扱説明書より抜粋)

 

 

溶接機本体の上蓋を開けてまで調整するのは結構手間です💦

溶接する前に一度、空押しすればいいだけですが、本来の使用方法を踏まえることも大切ですよね。 

 

 

 

パナソニック製は本体正面にあるので簡単です。

f:id:ssmetal:20170503105106j:image

(まわすだけ~)

 

 

 

※機械により調整の方法が異なるので、必ず取扱説明書をご覧ください。

 

 

トーチケーブルが8m以下だとあまり気にならないんですが、私の工場では8m+8mで16mのトーチケーブルを使用しています。溶接機本体から16mの場合、0.6秒で充分間に合います。

 

 

他にも気になる症状がある方はコチラから⇩ 

blog.sus-metal.com