溶接愛ツとラリアット

おかげさまで10万PV突破!溶接レベル99を目指しながら、技術、知識、経験をお届けします!

スポンサーリンク

初耳溶接用語【前進法、後退法】初心者向け半自動溶接の基礎知識

元々内陸育ちの理由もあり、通勤時に海を一望できるココ「八戸」に移り住んでからは、魚介類のおいしさに舌を巻く一方で、職場の方々との会話に度々難儀してました。

 

訛りというか方言というか…、

 

要は、 

何を言っているのかわからない!

時が多々💦

 

20代前半で前職を辞めて職人になるべく見知らぬ土地に来た勢いもあり、土地柄、喋るスピードが早い日常会話は「マジすか~」と「ですよね~」で乗り切ってました(多分ね)。

 

 

しかし、仕事道具で『〇〇持って来~い』と言われると、もうヤバイ💦。

 

 

早口だし、なんて言ったかわからないから、それっぽいもの3つ4つ持ってって、「コレっすか~?」って渡してました。

 

 

後から「コレなんて言いましたっけ?」とトボケタふりして工具の名前聞いてたっけ。(今思うとバレバレだな)

 

 

どうも、SSメタルです!

 

 

早口より訛りより滑舌よりも、実はもっと厄介なことがありまして、それが溶接用語。

 

 

専門用語で何百種類もあるため、聞いたこともない言葉がたくさんありました。訛りとか関係無しにチンプンカンプン。

 

 

今回はそんな溶接用語に関する内容なんですが、まずはこの画像を見てください。 


f:id:ssmetal:20171104090937j:image

半自動溶接で矢印の方向に進んでいくのを前進法と言います。ティグ溶接でのトーチの進み方と同じですね。

 

 

続きましてこの画像。 

f:id:ssmetal:20171104090924j:image

 

一方、こちらは後退法と言います。こちらは被覆アーク溶接と同じ進み方ですね。

 

 

この前進法と後退法、今まで聞いたことあるかと言われると、 

一度も聞いたことねぇぞ。 

一度たりとも。 

 

というわけで、今回は一度も聞いたことが無かった前進法後退法の勉強で~す。

 

 

スパッタ防止にも一役買いますので、最後まで良く読んでみてくださいm(_ _)m

 

溶接条件

  •  鋼材はSUS316Lの9mm、10mmを使用
  • フラックス入りワイヤФ1.2mmSUS 316LT-1

 

トーチの角度、高さ

まずは基本をおさらい。

f:id:ssmetal:20171104112928j:image

トーチの角度

使用状況によって変わりますが、通常であれば10°~20°程度でOKです。


ノズルの高さ

大きくするとアークは見やすくなりますが、シールド不足を起こしてブローホールが発生しやすくなります。

 

 

逆に小さくするとノズルにスパッタが付着して、かえってシールド不良を起こすことがあります。

 

 

なので、Ф1.2mmのワイヤであれば、15~20mm程度の高さが適正です。 

 

前進法の特徴

 
f:id:ssmetal:20171104121150j:image

前進法では溶接線が見やすくビードが平坦になり、溶け込みが浅くなります。

 

 

溶接線が見やすいという大きなメリットがあるため、初心者の方は前進法から練習すると溶け込みがわかり易いです。 




f:id:ssmetal:20171104114751j:image

スパッタ処理に手を焼くのは毎度様。

 

 

後退法の特徴 

f:id:ssmetal:20171104090924j:image
後退法では余盛高さがやや高くなります。

 

スパッタが少なめになるという大きなメリットがあり、溶け込みが深くなります。

 


f:id:ssmetal:20171104121207j:image
しかし、溶接線がノズルで隠れてしまいます。

 

f:id:ssmetal:20171104090907j:image 

スミ肉溶接で慣れてくると、ノズルを軽く置いたまま引っ張れば溶接可能、というのが大きなメリットですね。

 

 f:id:ssmetal:20171104090856j:image

 

ビードが少しモッコリします…。

 f:id:ssmetal:20171104090951j:image

 

 

半自動溶接(炭酸ガスアーク溶接)をまとめました

100年後に残したい【アーク溶接の分類とステンレス鋼溶接の要点】

 

 

さいごに

いかがだったでしょうか?

 

「押して溶接する」とか「引っ張って溶接する」など、訛っていても早口でもニュアンスでわかるんですが、前進後退といった方がスッキリしますね。

 

 

今日から仕事仲間との会話で使ってみたい…とは思わないかもしれませんが(笑)、特徴だけでも知っておくと色々と便利です。

 

 

半自動溶接では、スパッタ処理の作業時間が全作業行程の20~30%を占めていますからね。

 

溶接上手くなりたい…

 

ではではより良い溶接ライフを!

 

blog.sus-metal.com blog.sus-metal.com

blog.sus-metal.com