読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Project-Tig(ティグ)

少子化により絶滅危惧種のウェルダーと減少し続ける小遣いを増やすべく、真剣にブログを更新中! <SSメタルの特徴> ・美しい溶接ビード見ると大興奮する。 ・時々、ブログをカスタムしてしまう。 ・溶接の仕事が「好き」と言えてしまう。

知らなかった【技能五輪】

その他モロモロ

こんにちは。SSメタルです。

 

今日紹介する動画は

【技能五輪 職種紹介ビデオ 電気溶接】です。

昨年の2016年にも開催され、山形県で各都道府県の代表(22歳以下)が技術を競い合った模様です。

 

初めて目にしたときは、「こんな世界があるの?」とビックリ!

 

 

 

 

 

第54回 課題一覧

01.機械組立て 02.抜き型 03.精密機器組立て 04.メカトロニクス
05.機械製図 06.旋盤 07.フライス盤 08.構造物鉄工
09.電気溶接 10.木型 11.タイル張り 12.自動車板金
13.曲げ板金 14.配管 15.電子機器組立て 16.電工
17.工場電気設備 18.石工 19.左官 20.家具
21.建具 22.建築大工 23.貴金属装身具 24.フラワー装飾
25.美容 26.理容 27.洋裁 28.洋菓子製造
29.自動車工 30.西洋料理 31.造園 32.和裁
33.日本料理 34.レストランサービス 35.車体塗装 36.冷凍空調技術
37.ITネットワークシステム管理 38.情報ネットワーク施工 39.ウェブデザイン 40.とび
41.時計修理

 

全部で41種類もの競技があるんですね。

私が気になるのは「とび」や「造園」、それと石工に・・・、全部気になっちゃいますネ。(/・ω・)/

 

 

『開催年に22歳以下』

 

 

が、条件の一つになっていますが、参加選手の緊張した雰囲気の中、キラキラ光る瞳に、思わず応援したくなっちゃいます。

「電気溶接」なんて何歳からやってるんですかね?

 

 

ビードが美しすぎ!

 

 

JISの溶接試験ではゼッケンをつけただけで緊張してしまう私には、大勢のギャラリーがいる前での溶接は、自分を見失う自信しかないよ(/ω\)

 

 

youtu.be

 

 

 

技能五輪国際大会とは

 技能五輪国際大会は、正式には、国際技能競技大会(World Skills Competition)と呼ばれています。
 この大会には、憲章が定められており、大会の目的は、参加各国における職業訓練の振興と青年技能者の国際交流、親善を図ることにあります。
 

 大会の起源は、1950年にスペインの職業青年団が提唱して隣国ポルトガルとの間で各12人の選手が技能を競ったことから始まりました。逐年参加国および出場選手を増加させ、若い技能労働者の祭典と呼ばれるにふさわしい大会に発展してきました。日本は、1962年の第11回大会から参加しており、毎回優秀な成績を収めています(過去の大会記録参照)。
 

 大会の運営は、ワールドスキルズインターナショナル(WSI:WorldSkills International) によって行われ、同組織委員会のメンバーは、加盟各国からの公式代表及び技術代表により構成されています。日本からは、中央職業能力開発協会が同機構のメンバーとなっており、国際大会に日本選手団を派遣しています。
 大会は、現在、2年に1度(奇数年)開催されており、これまで日本では、1970年の第19回大会(東京・千葉)、1985年の第28回大会(大阪)、2007年の第39回大会(静岡・「2007年ユニバーサル技能五輪国際大会」として「国際アビリンピック」と同時開催)が開催されました。


 国際大会の日本代表選手の選考は、国際大会が開催される前の年に開催する技能五輪全国大会において行われ、参加資格(一部の職種を除き大会開催年に22歳以下であること)を満たす優勝者(成績優秀者)が日本代表として選出されます。なお、技能五輪全国大会で実施されない一部の職種については、各業界団体等が選考会や推薦等により選出します。

 

 

 最新の大会情報については「最新の大会情報」をご覧ください。

 

 

 

【目を閉じて盗む】 上達へのステップ - Project-Tig(ティグ)

【溶接とくしゃみ、時々ゴホン】 - Project-Tig(ティグ)

TIG溶接で滑らないための最低条件はコレ 【溶接と呼吸法】 - Project-Tig(ティグ)

その姿勢、本当に大丈夫? 「姿勢美人になりたい溶接工」 - Project-Tig(ティグ)

65歳まで働きたかったら「楽にやる」 - Project-Tig(ティグ)