溶接愛ツとラリアット

TIG溶接,半自動溶接がメイン。溶接のコツや将来性なんかをネタに皆でワイワイしたいね!

スポンサーリンク

【高性能水冷式トーチケーブルの弱点】

こんにちは。SS メタルです🎵

 

TIG溶接機には空冷式と水冷式があります。

 

造船所に来て初めて『水冷式』なるものを使わせてもらって3~4年経ちますが、水冷式は空冷式と違って大変デリケート

 

そんなデリケートな水冷式で一つ気になることがあるので、今回はそこをまとめてみました。

 

 

 

 

 

こちらは新品のパナソニック製。

f:id:ssmetal:20170212094920j:plain

つい最近入ったばかりなので、まだ未使用。 

 

 

こちらが使い続けたダイヘン製。

ケーブルカバーは外しています。
f:id:ssmetal:20170212082954j:image

 

 

電源を入れると、肌色の部分が風船のように膨らみます。 

 

こちらはアップ。クタビレテルネ。
f:id:ssmetal:20170212083010j:image

私の工場では約一年半使用すると、このように表面が磨り減って中身が見えてきます。

 

 

 

なぜこのように磨り減ってくるのかというと、こちらの画像を見ていただければわかるかと思います。

f:id:ssmetal:20170212083039j:image

ケーブルの重みが柄(え)の部分にかかってしまうんですね…。

 

膝下ぐらいの高さで溶接していればもう少し長持ちするとは思いますが、なるべく長期間、長時間楽に作業できるよう、腰の高さより高い位置で溶接させてます。

 

 

f:id:ssmetal:20161210222136j:plain

手首の負担が軽減されるだけでなく、実はトーチケーブル自体にも優しい持ち方になってます。これが現場だとフックなどにかけて使用した記憶が…。 

 

 

 

とりあえず、応急処置として柔らか素材のテープで凌ぎます(-_-;)
f:id:ssmetal:20170212083054j:image

 


f:id:ssmetal:20170212083111j:image

 

 

これらの画像は全て、

『標準型パワーケーブル』 

です。

 

 

もう一つ、

『耐久型パワーケーブル』がありまして、

その名の通り耐久性バツグン!

 

標準型に比べて価格は安いのですが、ケーブルが固いので持ちづらいかも、という担当者の意見が…。

 

しかし、食わず嫌いは良くないので試しに使ってみようかと只今検討中です。

 

 

blog.sus-metal.com

 

 

 

 

blog.sus-metal.com