溶接愛ツとラリアット

おかげさまで10万PV突破!溶接レベル99を目指しながら、技術、知識、経験をお届けします!

スポンサーリンク

亜鉛中毒、師匠と僕と。

夏の暑さの厳しい中、溶接時の「保護マスク」してますか?暑いからってマスクを外して溶接してると、じん肺や亜鉛中毒になりますよ。

  

毎回見てくださってる方、こんにちは。

初めましての方もこんにちは。

SSメタルです!

 

皆さんは【亜鉛中毒】って聞いたことあるかな?

溶接工にとってこの言葉は「あるある」なんです。

一度経験すれば一人前の溶接工?

 

そんなわけない!

 

 

作業中に保護マスクを確実に使用すればイイだけ。

 

あの時、しっかりと保護マスクをしとけば良かったのに…って、そう思ったことはありませんか? 

f:id:ssmetal:20170721225849j:plain

 

私が20代前半の頃、当時は現場仕事で棒溶接*1がメインでした。

師匠と私含め四人で一組。

亜鉛メッキ処理された薄い鉄板を敷き詰めて、バチバチッと数ヶ所を点付け溶接していく作業でした。

季節は夏真っ盛り。

夏のアツさにもメゲズニ、作業着は耐火性が高く立ちしゃがみが楽な綿製品のツナギ。

しかしだよ、容赦ないジリジリ暑さのせいもあって、ついつい保護マスクは首からぶら下げたまま作業してたんです。

 

師匠からは、

「マスクしねぇと、メッキ中毒になるぞ」

って忠告されてたのに、

「顔を離して溶接してるから大丈夫ッスよ」

と、軽い返事の私。

 

無事に作業を終えて帰宅し、食事を済ませ、風呂に入ろうかと思った時、急に背筋がゾクゾクし始めたんです。

おっとっと、季節外れのインフルエンザ?

いや、なんか違う。

 

とりあえず、ワケわかめなので師匠に電話。 

 

「し、ししょお~。寒気が止まらないッス💦」

 

『んあぁ、そりゃぁメッキ中毒だぁすけ、あすには治るがら黙ってねどぉげぇ。』

 

え?訛りがヒドイ?

要するに…、

 

『それはメッキ(亜鉛)中毒だよ。明日にはなおるから、おとなしく寝てなさい。』

ってこと。 

 

「い~っ、早く言ってよ!」

作業中のみならず、帰りの車内でも『マスクしないとメッキ中毒になる』と言われてたことを思い出した。

 

そりゃ、言うことを聞かない自分が悪い。

当時はワンルーム一人暮らし。お気に入りのバラエティ番組が全く笑えない。こういう時って急に寂しくなるよね。

 

うわ、寒気が強くなってくる。

 

 

とりあえず風呂風呂。

 

 

ふぃ~~って、ちょっとぬる過ぎるな。

 

 

あれ?、体がブルブルして湯温42℃が超ぬるい(笑)

 

コレってまずくね?

 

 

てな感じで、風呂も早々に体をブルブル震わせながら着替えて早めの就寝。

季節は夏真っ盛り(二回目)

 

てなことがあったんです。

結局さ、寒すぎて冬用の布団にくるまり、いつの間にか朝を迎えたんです。 

 

kotobank.jp

 

あまりの震えに奥歯がカチカチカチカチ…。

 

 

こちらがメッキ加工された鋼材⇩

f:id:ssmetal:20161107224506j:plain

溶接すると信じられないほどのヒュームを吐きだします。

 

白い煙がモクモクってね。

簡易マスクじゃ防御力が心もとない。

 

それじゃ何使う?

 

 

どど~ん

f:id:ssmetal:20170717195938j:plain

私が首からぶら下げてたマスクがこれ。しっかり使用すればメッキ中毒にならずに済んだのに。

 

屋外だったし風通しもいい場所だったんですよね。未熟も未熟。隙だらけ。

 

といったわけで次回は、 

【マスクが大きくて視界が悪くなるんだけど?】

そのうち慣れるよ。辛抱辛抱。

 

【夏場は暑くてうっとうしいんだけど?】

将来、喘息になっても同じこと言える?

 

【肌に合わなくてカブレるんですが…】

 

といった感じで、溶接中の保護マスクについてまとめる予定です。

 

ここまでのお付き合い有難うございました。

*1:被覆アーク溶接