溶接愛ツとラリアット

溶接レベル99を目指しながら、技術、知識、経験をお届けします!

スポンサーリンク

【ガスレンズ部品名称】

 

今回はガスレンズの部品についてまとめました。

 

ガスレンズ画像 

f:id:ssmetal:20170102090807j:plain

 

 

分解画像

f:id:ssmetal:20170102090949j:plain

コレットは通常のものでOK。 

 

 

blog.sus-metal.com

 

 

 

 

ガスレンズコレットボディ

 

f:id:ssmetal:20170102091013j:plain

このフォルムにうっとり。

どうやって作ってるんでしょうかね。

 

ガスレンズを使用した場合、

溶接時の溶け込みは安定します。

 

溶接ビード、仕上がりがより綺麗になり、高品質の製作には欠かすことのできない「相棒」レベルです!

 

blog.sus-metal.com

 

 

インシュレーター 

白いのがインシュレーターといいますが、 

f:id:ssmetal:20170102090751j:plain

 

反対につけないように注意。 

f:id:ssmetal:20170102093549j:plain

 

 

 

 

 

その他 

f:id:ssmetal:20170102090932j:plain

 

 

f:id:ssmetal:20170102091035j:plain

ノズルは標準同様、No. 4~8まであり、それ以上はトーチケーブルが一回り太くなります。最大はNo. 12。(SS メタル調べ) 

 

 

ミニサイズは出番がないなぁ。 

f:id:ssmetal:20170102090705j:plain

 

  

 

最後に 

以上、これといって目新しいことは書けませんでした(>_<) 検索すればこれぐらいは出てきますもんね。

 

そこで、前々から気になっていたことを調べてみましたので、こちらも合わせてご覧ください☟  blog.sus-metal.com

 


 

 

ガスレンズ&水冷式は最強タッグです。 

blog.sus-metal.com

 

ではでは、より良い溶接ライフを!