溶接愛ツとラリアット

溶接レベル99を目指しながら、技術、知識、経験をお届けします!

スポンサーリンク

「イイ溶接だね~」 新人教育が報われる瞬間 

「またかよ~」

「タングステンがまたくっついた💦」

同じ失敗を5~10回繰り返してからが勝負とはいえ、タメ息の連続で何度も失敗してたヒヨッ子時代。

 

それが今では教える立場に。 

長期間という長~~~い目で見守らなければならないため、技術を教えるのって正直、

「シンド~い」って思う事も多々。

 

そんな溶接の指導をしていて一番の喜びと

言えば「小さな芽」を確認できた時です。

 

f:id:ssmetal:20161018202524j:plain

 

入社して10ヶ月。全くの素人がここまで

溶接できるようになったかと思うと、

目がウルウルしてきます。

 

その溶接がこちら⇩

f:id:ssmetal:20161017212624j:plain

 

 

アップにすると⇩

f:id:ssmetal:20161017212728j:plain

 

裏側①⇩

f:id:ssmetal:20161017212831j:plain

 

 裏側②⇩

f:id:ssmetal:20161017212930j:plain

 

細かいところは抜きにして、充分に

合格ラインに達しています。

 

材料は「アングル」と呼ばれるもので

一辺が75mmで厚みが6mm。

材質はsus316L(サス316エル)です。

 

特に裏側②は狭い場所で、難易度が

かなり上がります。アンダーカットと

呼ばれる溶接不良が無いようにするのが、

これまた難しい。

 

 

 

 

 

能力差は、あって当たり前。 

最終的には、本人の努力次第。

 

 

 

だからでしょうか?

 

小さいけれどしっかりとした「芽」が

出たときは、たまらなく嬉しい!

 

その嬉しさをストレートに伝えます。

「イイ溶接だね~」と。

 

 

 

ここまで出来るようになったのは

周りのメンバーのサポートも一要因。

 

彼が教える立場になったら、身をもって

そのありがたみを実感するでしょう。

 

f:id:ssmetal:20161018202558j:plain

 

 

私は時々水を与えるだけ。

 

教えるほうも教わるほうも「芽」が

出るまで、ひたすら辛抱です。

 

そして、

どんな色の、どんな花が咲くのか

楽しみです。

 

 

 

って私の師匠も思ってたとか思ってなかったとか…。

 

blog.sus-metal.com