Project-Tig

Tig溶接でLV.99を健康的に目指すブログです。 春ですね!

5‐05 オリフィスの役割を理解する

オリフィスとは、薄い壁に開けた流体を流す小さな穴のことで、そのような穴をつけた薄板をオリフィス板(英語:orifice plate)と呼び、流量を板の位置で調節し、また測定にも使われる。 オリフィス板 - Wikipedia 半自動溶接機のトーチ部品の一つにオリフィ…

5‐04 フレキシブルでトーチボディの角度を自在に調整する

標準の半自動溶接のトーチボディは固定式で角度の自由が効かず、経験の浅い溶接者が狭い個所を溶接するにはやや不向きです。

2-10 ティグ溶接棒の混在に注意する

「さてSUS316Lの溶接棒を使うか。確か残棒入れに余ってた溶接棒があったはず。 どれどれ、、、

1‐04 基本的な溶接棒、ワイヤの選定に着目する

若いときにJIS溶接試験で被覆アーク溶接の裏波を出す試験を一人で受けたときなんですけど、

12-05 今、この瞬間からその10倍を見ろ!の真意を知る

とある現場でそれはそれはお世話になった センさん という職人さんがいた。 立場や年齢で人に対する対応が変わることなく、どんな人にも物腰の柔らかい対応で、技術のみならず人格的にも見習うべきところが随所にあり、この業界で尊敬できる数少ない職人の中…

1‐01 溶接を知る

『溶接』の起源は遥か昔の紀元前の時代にまでさかのぼり、「ろう付け」から始まったといわれます。