Project-Tig

溶接の魅力を知り、愛し、伝えよう

お盆休みが終わっちまった!~心の三大漫画家を振り返る~

8/9~8/16までの8連休が終わってしまった。

当ブログの読み進め方

このページにアクセスいただき、ありがとうございます。 溶接に興味を持った方、溶接を始めてみようと思う方、また職場で溶接を扱っていてもっと上達したい方に、ぜひ読んでいただきたい記事をまとめました。

【溶融池まる見え2020】これならおすすめできるよ高画質な溶接動画

SNSを通じて溶接の世界が広がり、様々な情報が目に飛び込んできます。特にここ数年、YouTubeでは溶接系チャンネルが増えてきました。

溶接とは誰でも習得することが出来る技術

アーク溶接は誰でも習得できる技術です。ただし、最低でも3年以上継続して溶接作業に従事した場合です。長期に溶接技術を追求し続けるためには、その中身のことをよく知っていないといけません。 一緒に学んでいきましょう。

折り紙と製缶仕事は似ているかも

これは小学生の息子がYouTubeを見ながら作った折り紙なんですが、 …良くできてますよね(親バカ)

暗くても大丈夫!初めてのCO2溶接は溶融池の見やすい角継ぎ手から

溶接の入り口は棒溶接でした。 半自動溶接を初めて使ったときは、ワイヤが勝手に出てくるから、これなら超簡単!と、後からポッキリ折れることも知らずに鼻が天井まで伸びきっていました(奥が深い)。