Project-Tig

溶接ブログですが何か?

2019-08-18から1日間の記事一覧

8‐01 被覆アーク溶接のメリット、デメリットを知る

5‐03 マイクロスイッチの交換方法を知る

「溶接終了時のクレータ電流で、トリガーを離してもアークが切れずに再び溶接電流に変わってしまう」

5‐01 半自動溶接のメリット、デメリットを知る

「炭酸ガスアーク溶接」というのが正式名称ですが、「半自動」、「炭酸」、「CO2」などと一般的には呼ばれています。ガスシールドアーク溶接の一種で、電極にフラックス入りワイヤを、シールドガスに炭酸ガスを使用する溶接法。

Quest‐02 縦向きで平面を溶かす

溶接姿勢は経ち向きの「V」となります。

Quest‐01 下向きで平面を溶かす

技術の習得が難しいとされるティグ溶接は、より早く正確に技術の習得に繋がる反復練習をすることで解決できます。

2‐08 プリフロー、アフターフローを設定する

プリフローとは アークスタート時、アークスタートより先にアルゴンガスの放流を開始することにより、タングステン電極や溶接部を空気から完全に遮へいして、溶接スタート時の欠陥を無くす機能の事。

2‐02 水冷式について理解する

水冷式とは 循環装置を用いて冷却水を循環させることによりトーチの熱を下げる仕組みのこと。

2‐01 空冷式について理解する

ティグ溶接機には、空冷式と水冷式があり、標準では空冷式仕様となる。ここでは空冷式についてのメリットデメリットを記載することとする。