溶ラリ

溶接ラリアットでレベル99を目指すブログ

スポンサーリンク

溶接のコツ

ティグ溶接上達へのミッション~最初の13ヶ月でやるべき事~

こんにちは、朝の目覚めが早くなってるSSメタルです。 皆さんはTig溶接する場合、何に注意して溶接していますか?

快適なローリングで綺麗なビードを【Tig溶接ローリング3つのコツ】

こんにちは、SSメタルです。 皆さんはTig溶接でノズルがズバババッと滑ってステンレス材が酸化したことはありますか?

アーク溶接に欠かせないコツ【自宅で出来るアーク溶融池の安定性イメージ方法】

今回の内容は、溶接作業時の溶融池(または溶融プール)を安定させるにあたって自宅で出来る簡単なイメージトレーニングとなっております。

利き目の正体?溶融プールが見えにくい原因は〇〇で見てたから【TIG溶接】

ども、Tig溶接歴17年のSSメタルです。 右利きの私ですが、数年前から左手にトーチを持ち変えて溶接し始めたんですが、これがなかなかの違和感だらけ。

溶接条件が厳しいほど溶接は上手くなる【制約】と【誓約】

ども、SSメタルです。 溶接が上手くなるコツについてコツコツ書いてる弊ブログですが、今回はコチラ⇩からの引き続きになります。

ノズルを上手く滑らせてツーランクアップのすみ肉溶接を目指せ!【Tig溶接練習上級編】

さてさて今回は、すみ肉溶接の上級編になります。とはいってもCoCo壱の3辛くらい。

TIG溶接ノズルを上手く滑らせてワンランク上のすみ肉溶接を目指す!

この記事はTIG溶接の練習ドリルとなっています。 難易度は中級レベル。

「体と会話してほしい」は溶接マニアの戯言なのか?溶接リラックスへの道

溶接中にクシャミすると…、 へ…、へ…、へっくしっ! ズババババッ! アークストライク アークストライクという名の欠陥に。

【溶接技術を盗むためにやって良かったこと】ステンレス鋼Tig溶接のコツ

技術は見て盗むもの、とは昔から良く耳にする言葉です。 先輩職人からも度々言われていた時期がありました。 実際にTig溶接歴が10年を越えた時期から、私自身この言葉の重みが分かったような気がします。

被覆アーク溶接で溶接棒が真っ赤になる棒焼けの原因を調べてみよう

いらっしゃいませご主人様ぁ~🎶 いつも前置きが長くなるので、今回はズバババァッとイっちゃいますぅ~💕

ウィービングの前に知りたい【前進法と後退法】初心者向け半自動溶接のコツ

元々内陸育ちの理由もあり、通勤時に海を一望できる八戸に移り住んでからは、魚介類のおいしさに舌を巻く一方で、職場の方々との会話に度々難儀してました。 訛りというか方言というか…、 要は、 何を言っているのかわからない!

お金をかけずにTIGストレート溶接レベルアップ

溶接ビードが曲がるのは、技術不足よりも… 視認性の低さが原因です。

TIG溶接『溶接棒が玉になって上手く溶けない』その原因はコレ

溶棒が下の画像のようになったこと、何度も経験ありましてね…。 火花が出ない事がTIG溶接のメリットなのに、玉になるまでならいいのですが 、これがポタポタと火の玉になって足元に落ちていくとまあ危ない。 このように溶棒の先端が丸く玉になってしまう人は…

TIG溶接【溶棒の送り】が上手くなるにはまず【溶棒が溶ける場所】を覚える

今回のテーマは 溶棒が溶ける場所を覚える TIG溶接では両手を同時に使います。 右利きの場合は、右手にトーチ。左手に溶棒。

たまには鼻の下を伸ばして女性の体に聞いてみよう【ステンレス鋼Tig溶接練習ドリル④】

さあ、Tig溶接の練習ドリル第4弾。 Tig溶接は両手を使います。 「トーチを持つ手」と「溶棒を送る手」。 両方とも異なる動きをするため、慣れていないとギクシャクした動きになります。 溶棒の送りを練習する前にどうしても覚えておきたいのがトーチの動か…

こんな会社には入るな!給料以外に確認する3つのコトを現役溶接工が告白

ども、ステンレス工場に勤務するTIG溶接歴16年のSSメタルです! どんな仕事でも基本的に、辛くて、キツクて、孤独なものです。自分の時間が拘束され労働力を提供して初めて、給料という報酬が手に入ります。

祝34巻発売記念!HUNTER×HUNTERで溶接愛を語るよ!!ネタバレしません!!!

「うわっ、マジで❗❓」 って、Amazonを見てたら、思わず声が駄々モレ。だって待ちに待った、 【HUNTER×HUNTER 34巻】 (ハンターハンター、以下H×H) が6/26に発売となってるじゃないか! HUNTER×HUNTER 34 (ジャンプコミックス) 作者: 冨樫義博 出版社/メーカ…

JIS溶接試験に向けて【溶け込み画像】見ればわかる部分溶込みと溶込み不足

溶接技術において重視すべき項目の中に、「金属と金属の一体化」が挙げられます。 溶接により金属と金属が完全に溶け込んで、強度や耐久性を向上させます。 ただ…、 溶接の溶け込み深さって分かりにくい

溶接のコツを説明すると一服が終わってしまうから車の運転のコツで説明するよ

上手い溶接は一目でわかる。 溶接のコツって目には見えにくいし一言じゃ言えない! tig溶接歴14年を振り替えって、溶接のコツってなんだろうと、真剣に考えてみたんですよね。

TIG溶接ブログなのに無駄な努力?

こんにちは🎵 半自動溶接中のニオイに何故か懐かしさを感じるSSメタルです! 過去記事で、人間の持つ五感の1つである『聴力』についてまとめたものがあるんですが、👇

熟練の溶接職人も見落とす【絶対NGな酸化した溶接棒】ステンレス鋼TIG溶接

こんにちはSSメタルです! ステンレス鋼と言えばtig溶接。 Tig溶接と言えばステンレス鋼。 早速なんですが、 皆さんがステンレス鋼をティグで溶接する場合、「さあ溶接スタート!」っていう時に、最初だけ 「なぜか溶け込みが悪い」 という事ありませんか? …

【ティグ溶接ローリングのコツ】美しすぎる溶接ビードはここから

TIG溶接では時々、「ローリング」という用語が出てきますよね。平付(ひらづけ)やパイプの溶接でノズルをグルグル回して進んでいくあの「ローリング」。 TIG溶接を始めた頃は溶け込みもわかっていないのにこのローリングばかり練習させられ、ウンザリしてまし…

コレット先端を広げたらタングステン出し入れスピードアップ【地味簡単】TIG溶接

私のステンレス工場では、200A以上の電流で長時間溶接することが多いため、コレットの消耗がとても激しいんです。 今回はそんなTIG溶接の部品で消耗頻度が高いコレットについてまとめてみました。 ウエルパーやペンチを使用せずに簡単にタングステンの長を微…

被覆アーク溶接と半自動溶接 絶対に欠かせないコツ【目を閉じて盗む 】 

今回は人間の持っている感覚、 よく耳にする五感の話です。 被覆アーク溶接、半自動溶接を始めたばかりの方で、もっと上手くなりたいと思ってる方々へ向けて書いています。 是非じっくりと読んでみてください。