溶接愛ツとラリアット

溶接レベル99を目指すブログ

スポンサーリンク

【ガスレンズでタングステンをどこまで伸ばせるか試してみたよ】

んにちはSSメタルです。 

言わずと知れたガスレンズ。シールドガスを整流で出してくれるおかげでビードが綺麗になるだけでなく、狭くてタングステンを長めに出さなきゃ届かないとこもしっかりと溶接出来ちゃいます。

前々から気になっていたんですが、このガスレンズ…、

 

いったいどこまでタングステンを伸ばせるの?

 

と、気なったもので調べてみました('ω')ノ

 

 

ガスレンズを検索すると出てくる用語に整流乱流があります。

 

まずはこれを覚えてしまいましょう。

ガスレンズ コレットボディ | ラメール株式会社

通常肉眼では見えないシールドガスを、カラーでとてもわかりやすい画像で見ることができます。

  

今回の溶接条件

  • 電流130A
  • ノズルNo.8
  • タングステンΦ2.4mm
  • ガス流量12㍑/min
  • 板厚9mm、SUS316Lの平鋼を使用
  • 溶接棒ナシ

 

まずは標準ノズルから

f:id:ssmetal:20170109171628j:plain

左側はタングステンを10mm 出した状態で溶接。 ビードが綺麗な色をしていますね。

 

一方右側はタングステンを20mm 出して溶接。ビードが酸化してしまいアウト❗ 

f:id:ssmetal:20170109171308j:plain

 

 

 

 

次はガスレンズ

f:id:ssmetal:20170109171216j:plain

タングステンの長さが10mm。 

 

f:id:ssmetal:20170109171408j:plain

タングステンの長さが20mm 。 

 

f:id:ssmetal:20170109171444j:plain

工場で製作する製品で、タングステンを25mm まで出して溶接する箇所があり、30mm までは大丈夫だろうという予想はありました。 

 

 

タングステンの長さが40mm 。 

f:id:ssmetal:20170109171611j:plain

 

 

ここからが、未知の領域。

f:id:ssmetal:20170109171644j:plain

って、おいおい(+。+*) 

もうダメなのか? 

f:id:ssmetal:20170109171253j:plain

タングステンも酸化してしまうとは…。 

 

 

f:id:ssmetal:20170109171239j:plain

こちらは、タングステンを30mm 出して溶接したあとの様子。

 

 

 

f:id:ssmetal:20170109171522j:plain

アルゴンガスの流量を上げればいけるかもと思ったが…ダメでしたね(>_<)

 

f:id:ssmetal:20170109171559j:plain

40mm も出して溶接したことなかったので、手がプルプル。

  

ノズルがNo. 6だったり、スミ肉溶接だとまた違う結果なのかな?

 

 

f:id:ssmetal:20170109171544j:plain

 

というわけで、今回の記録は30mm でした。 

 

もう少し暖かくなったら、No. 6ノズルでも試してみようかと思います。

((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル寒ッ!

 

おっと、昼休み休憩も終わり 

午後からも御安全に!

 

 

夏場の鉄工所、熱中症の予防に