Project-Tig

溶接の魅力を知り、愛し、伝えよう

単行本のフィルムが取りにくい案件でダメージ0を目指してみた

ここ最近のコミックのフィルムが頑丈で、毎回手こずる羽目に。

綺麗な状態で手元に届くのはいいのですが、CDのように引っ張って簡単に剥がすこともできないので、今まではカッターを使って開封を。

講談社コミックのフィルム取り方

ただカッターでは指を切ったり本を傷つけたりと、ちょっと危ない。

 

何かいい方法が無いか調べてみると、どうやら背面のフィルム中央部に僅かな切れ目(画像では切れ目は全くわからず、肉眼でも光にあててようやく見えるくらい)があるということで、

講談社コミックのフィルム取り方

中央部の片側を指で押さえて、もう片方を矢印方向に押すといいらしい。

これ、全然ダメ。


どんなに押しても引いても破れる気配がありませんでした。このままでは本を傷めてしまいそう。

次に試したのは爪切り

講談社コミックのフィルム取り方

カドのビニールをパチン。

 

からの、

講談社コミックのフィルム取り方

切れ目に、とんがった部分をおりゃ~で、ぺりぺりっと簡単にフィルムを剥がすことが出来た。

コミックも綺麗で気分もスッキリ。

 

暑い日が続いて今日は久しぶりに朝から雨。

ゆっくりと本を読むには丁度いい。