溶ラリ

溶接ラリアットでレベル99を目指すブログ

スポンサーリンク

自分では取れない?目に鉄粉が刺さったら早めの受診がベスト

こんにちは、SSメタルです!

鉄工所でステンレス溶接の仕事をしています。

 

金属加工の作業していると、時々目に鉄粉が刺さる場合があります。これを放っておくと大変なことになるので、今回は目に鉄粉が刺さるについてまとめました。

目に鉄粉が刺さる前

 

目に鉄粉が刺さる

あれ?目が何だかヒリヒリするゾ?

 

溶接光で目を焼いたときのようなヒリヒリ感だけどちょっと違うな…。

白目の充血が無いし…。

 

どうやらまばたきすると痛みが走るようだ。

 

まばたきすると痛みが走るってことは、もしかして…、

 

目に鉄粉が刺さった?

 

あ~あ。やっちゃったね。

(過去に何度か経験アリ)

 

自宅の庭で不要になった物をグラインダーで切断していたのですが、その時に鉄粉が入ったようです。 

 

とりあえず洗面器にぬるま湯をためて目をパチパチしてみます。これで取れれば一安心なのですが…。

 

 

パチパチ…、パチパチ…、

 

 

 

ハイ全然、取れません。

 

 

若干イライラしてきて、まぶたを裏返してみたり眼球を強く押さえてみたりしました。

(この真似はダメ⇧)

 

 

ハイ、トレマセン。

 

 

 

これはもう諦めて眼科へ行くしかない。

気付いたのが土曜日だったのでやってる病院があるか心配しましたが、ググると近所に午前9時から開院が一つ。  

 

病院での処置と治療費

開院15分前に到着し、受付を済ませると5分ほどで呼ばれました。

 

まずは先生が目の状況を確認し、画像をパシャリッ。目に刺さった鉄粉をモニターで見せてくれます。

 

私の場合は、黒目のところにハッキリと鉄粉が刺さっていました。

 

気になる方は「目に鉄粉が刺さる 画像」で検索してみてください。それらとほぼ同じ状況です。

そりゃヒリヒリするよ。

 

鉄粉除去の順序

①麻酔用の点眼

②ピンセットで取る

 

「まずは麻酔用の点眼をします。」と、先生の声。

 

それと同時に部屋の照明が落とされて、先生がピンセットを持つところまでは見えたんですけど、そこから先は視界がボヤけて、なんと気付いたら終わってましたよ。

 

ホントにあっという間というやつです。

 

安心してください。痛みもありません^^

 

ただ、頭が動かないよう看護師さんに✋で後頭部をググッと押さえられていたんですが、その力がかなり強かった…。

 

鉄粉除去の治療費は?

鉄粉を除去する簡単な手術。

痛み止めと炎症を抑える錠剤、目薬。

 

以上の合計が約4300円でした。

この費用が一番イタイ⤵️

 

 

 

これが目に刺さった鉄粉

 

見えるかな? 

目に刺さった鉄粉画像


大きさが分かりやすいように一円玉を置きました。

先生が「持って帰って良いよ」とおっしゃったので、遠慮なく持ち帰りすることに。

 

まばたきをすると痛みが走ったのは、コイツのせいだったんですね。

(>_<) 

 

これを放っておくと、少しずつ目の表面から奥の方に入り込んだり、まぶたの裏側を傷つけたりすることもあるそうです。また、鉄粉の錆が眼球内に侵入し大変な病気に繋がる可能性もあるので、早めの処置が必要です

 

 

悩むくらいなら病院へ行く事

金属加工の作業では保護メガネをしていても、ちょっとしたことで目に異物が入ったり鉄粉が刺さったり、ということがあります。

 

そんな私の経験上ですが、洗面器でのパチパチや流水で取れなかった鉄粉が『そのうち取れるだろう』なんてことは、まずありません。

 

私のように眼球を強く押さえたりこすったりするのはNG。

 

放っておいても状況は良くなりません。

 

悩むよりまず眼科へ行きましょう。

 

病院での処置は簡単で、あっという間なので、安心してください。 

 

 

勤務中なら労災になる

最後に一つだけ。

 

今回は自宅での作業でした。勤務時間外なので勿論自腹です。

 

これが勤務中なら労災扱いになるので、 職場の上司に連絡してから病院へ行くのがベストです。

 

ではでは、今回はこの辺で。

大切なお体、くれぐれもご自愛ください。

m(__)m