Project-Tig

Tig溶接でLV.99を健康的に目指すブログです。 春ですね!

5‐05 オリフィスの役割を理解する

f:id:ssmetal:20190815064154j:plain

オリフィスとは、薄い壁に開けた流体を流す小さな穴のことで、そのような穴をつけた薄板をオリフィス板(英語:orifice plate)と呼び、流量を板の位置で調節し、また測定にも使われる。

オリフィス板 - Wikipedia

半自動溶接機のトーチ部品の一つにオリフィスというピンク色した部品があり、オリフィスの役割は大きく分けて二つ。

①炭酸ガスを整流にする

チップボディから出てくる炭酸ガスは、オリフィスに空いている小径を一旦経由する事で乱流を防ぎ、ガスの流れをスムーズにします。

②スパッタ付着防止

また、溶接中にノズル内に侵入したスパッタをオリフィス先端部に集積する事で、チップボディへのスパッタ付着防止となり、簡単にスパッタを取ることが出来る仕組みになってます。

 

スパッタが溜まりすぎた時に力任せにノズルを回すと、オリフィスがパキッと割れてしまうので注意が必要です。 

オリフィスにスパッタが溜まる

 

逆引きでスッキリ一覧!溶接で使えるPro‐Tig流実践ワザに戻る