Project-Tig

溶接でLV.99を健康的に目指すブログ。梅雨ですね

Tig‐Quest-LV.05 海外からの中国人実習生にローリングさせてみました①

 職場に中国人の実習生が一人、新しく配属となり、スマホの翻訳アプリが、ドラえもんの翻訳コンニャク並に役立っております。進化ってすごいね。

  さて、中国語と日本語が飛び交うインターナショナルな工場となりましたが、この画像は、中国人の彼がローリングで溶接したものです。

ティグ溶接ビード ローリング

お世辞にも上手いとは言えませんね。

 彼は、半自動溶接の経験はありましたが、ティグ溶接は初めてなので当然と言えば当然。これまで幾つかのティグクエストをクリアし、ティグ溶接には大分慣れててきましたが、ローリングが上手くいかずに悩んでたようなので、ある練習方法を試したところ、、、

こんな感じになりました。

ティグ溶接ビード ローリング

バッチリやん!

本人もご満悦。というか調子にノッテルw わかったから、自慢するんじゃない! 

ローリングが失敗する理由は二つあります

①技術的に真っ直ぐに進めない
②溶接中の溶け込みに自信がなく、迷走してしまう

 この二つの理由があるわけで、今回は①の技術的に真っ直ぐに進めないを解決するティグクエストです。

 

 ローリングを始めた頃は誰もが悩むポイントですが、これは体が直線に進むことに慣れていないだけです。なので、直線にしか進めない状態で溶接をすれば良いわけです。

 

 ローリングはどうやって回したらいいの?八の字?右回り?左回り?転がすの?と、考えが定まらない人も、とりまやってみましょう。 

ローリング練習方法

使用するのは、厚さ6㎜のステンレス材。
f:id:ssmetal:20191224121824j:image

 普通なら広い面積を利用して、溶接線を書いて練習するところですが、ティグクエストで練習する場所はここになります。


f:id:ssmetal:20191224123214j:image

 細いラインを溶接することにより、直線的に溶接する感覚を体に覚えさせます。

 

【溶接条件】

電流 70A
六番ノズル

 

《クエストクリア条件》

「下向き溶接」を、止まらずに10㎝溶接し、両̚カドが溶けていること。

「立ち向き溶接」を、止まらずに10㎝溶接し、両カドが溶けていること。

 

 途中で滑ったり、完走しても片側しか溶け落ちていなければ、やり直しとなります。

 

【下向き溶接ローリング】

ティグ溶接ビード ローリング

 

【立ち向き溶接ローリング】

ティグ溶接ビード ローリング

 練習用の鋼材に、溶接線を書いてからローリングをするよりも、今回紹介した、「幅の限られた条件で溶接する」ことが、直線に進む感覚が掴みやすいです。

 

 次回は、「②溶接中の溶け込みに確信がなく、迷走してしまう」を解消するティグクエストです。 

blog.sus-metal.com

 

読めばカンタン!Pro-tig一覧に戻る

ティグQUEST一覧に戻る