Project-Tig

溶接の魅力を知り、愛し、伝えよう

【溶接ブログ100万PV突破緊急企画】溶接女子の皆さんに質問です!

 はじめましての方も、いつも見てくださってる方も、ご訪問ありがとうございます。

 そして溶接女子の皆様、ようこそいらっしゃいました。

 今回の企画は前々からやりたかったものなので、いつもよりテンション高めでお送りしております。こんにちは~。SSめたるです。

溶接女子って素敵!

 

はい、ということで今回のテーマはズバリ!

【溶接女子の皆様に質問があります】

といった内容でお送りします。

 

 さてさて、溶接関連と職場改善に関する内容を、今まで当ブログProject-tig、略してPro-tig内でお届けしてまいりましたが、早いもので当ブログが始まってから3年半ほど経ちました。

 一人でも多くの溶接職人の皆さん、溶接関係者の皆さん、そして溶接業界の発展に貢献できればと思い、今日までブログを続けてきました。

 おかげさまでこの度、100万PVを突破していました。

 本当にありがとうございます。

ブログ100万PV突破 溶接女子に質問

 ブログを書き始めた頃から、溶接業界で働く女性、いわゆる「溶接女子」という言葉を、頻繁に目にする事が多くありました。

 いろんなメディアで溶接女子が取り上げられてて、うわ、女子が作業着だ!カッケーな~って思ってたんですよ。そもそも、男性の職場で働く女性って、存在自体がカッコいいですよね。

 二十歳くらいの頃なんですが、仙台市のLNG基地で、基礎工事の現場監督をしてた時代があったんですよ。三日三晩続いたコンクリートの打設作業に駆り出された時に、当時、親会社が大林組だったんですね。その大林組の現場監督として、なんと女性の現場監督がいたんです。

 今となっては、それほど珍しくもないかもしれませんが、当時の私からしてみれば、めちゃくちゃカッケー!ですよ。真剣な目で真剣な顔つきで、隣にいる上司とやり取りをしている姿からは、女性のじょの字も感じさせない自分に対する厳しさみたいなものが伝わってきて、思わずドキッとしたのを今でも覚えています。私、女性ですという顔は一切してませんでした。

 女性の現場監督に限らず、この頃には大型トラックの運転手やタクシーの運転手などにも、女性の姿を見かける機会が増えてきたように思います。

 

 働く女性はホントに素敵ですよね。

 

 何が素敵かって、仕事中の真剣な表情もさることながら、緊張感から解放されて笑顔になる。この笑顔になる瞬間が、男性皆さんご理解いただけると思いますが、キュンっと来ますよね。男だらけの職場で、パァッと鮮やかに、花が咲くような笑顔。

 

職場に咲くは溶接女子という華

 

 まさに華!

 

 これに男性は弱いものです。俗に言う、惚れてまうやろー案件です。

 私がツンデレを好きなのは、このせいかもしれませんね、、、、

 、、、ちょっと何を言っているのか定かではありませんが、要は真剣な表情で働く溶接女子はカッコいいよね!っていうことです。

 

しかし、 ここでちょっと気になる事があるんです。

 

 「溶接女子」という言葉からは、実に可愛らしいイメージが伝わっては来るものの、溶接女子の皆さんが活躍されている職場って、実際はどんな感じなんだろう?って思ったりしませんか?

 今まで男ばっかりの職場に女性が一人ね、突然入ることになったら職場の雰囲気どうなるんだろう?とか、女性職人が多く安心して働けるような会社は他に無いの?とか、優しく指導しますとか言っておいて、技術はあるけど性格に問題ありの先輩だったらヤダな、とか、女性用のトイレ、、、あるの?とか。更衣室、、、、、無いわけないですよね?だったりと。

 このあたりが気になるのは当然ですよね。

 

 でも、こういう情報ってネット上ではあまり目にすることないんです。

 

 企業紹介や雑誌の特集であることはあるんですが、そこはインタビューや取材の中での話で、大人の事情盛りだくさんじゃないですか。もうちょい深い本音が聞きたいんだよな~って思って探すも無いんですよね。

 

 じゃあ無ければ作ればいいというわけで、溶接女子の皆さんが周りの目を気にすることなく、気兼ねなくコメントを書き込めるような場所があれば、それを見てる、将来的に溶接女子を目指す人たちの役にも立てますよね。

 

 つい最近、こういう質問をいただきました。

製造業未経験で、これから溶接を専門的に学びたいと考えています。SSめたるさんは、製造業未経験の女性が溶接職人を目指すことについて、どう思われますか?

という、ストレートな内容でした。

 

 これに対して私なりの回答はこちらの記事にありますので、よろしければそちらをご覧ください。 

 私が答えられることはホントに少ないな~と実感しました。もうちょっと上手く伝えられたらなと忸怩たる思いがあったのですが、はたして現状はいかがなものかめちゃくちゃ気になることですよね。

 残念ながら、私の職場を含む周りでは、女性が働けるような環境が整った職場は聞いたことがありません。

 

 やっぱり、女性が目指そうとしている溶接業界そのものが、どれだけ女性を受け入れてくれるか、その受け皿ってのがホントに出来ているのか?っていうのはものすごく気になりますよね。当然の事だと思います。

 この気になる部分を、今、現在、溶接女子の皆さんに生の声を上げてほしいんです。

心配するのはわかるけど、、、、とか、想像以上にムズい、けど一日があっという間。とか、いやいやいや、性別なんて、、、、、などなど。

 

 実際に経験した、もしくは経験された事がある溶接女子の皆さんの声を、これから出てくる次の溶接女子の人たちへ届けることが、次世代へのバトンになると思うんですね。

 

 この質問を見て、なるほどな~って感じました。

 そこで、溶接女子の皆様に質問です!

 実際に溶接女子として働いてみて、女性が働けるような職場の設備や環境は整っていますか?

  

回答方法

①コメント欄から記入

 もう少し下にスクロールすると、【コメントを書く】が出てきますので、そちらをご利用ください。コメント内容は、このページを訪問された全ての方が見ることができます。

②「ブックマーク」を使う

 100文字以下ならOKです。コメント内容はブックマークを開くと見ることができます。

③「お問い合わせ」を使う

 当ブログに関する受付窓口となっております。利用規約をご一読の上ご利用ください。コメント内容は私しか見ることができません。

お問い合わせはこちらから

 

 一人でも多くの方の良心的なコメントをお待ちしております。

読めばカンタン!Pro-tig一覧に戻る