Project-Tig

溶接ブログですが何か?

パチンコに320万円分突っ込んだらいくら返って来る?2022年収支報告~期待値を積む部屋~

パチンコで収支をプラスに方法は二つあって、一つ目は一回転の単価を上げるのと、もう一つは一回転でも多く回すこと、に限ります。

 

頭ではわかってはいるものの、んじゃ実際にはどのくらい回してどのくらいリターンがあるの?

と、前々から疑問に感じていたので、一年といあ期間を設けて検証してみました。

2022年の今年の稼働を振り返りつつ、総収支を公開していきたいと思います。

 

普段パチンコをする方もしない方も、投資をする方もしない方も、参考程度にご覧ください。

2022年総投資

パチンコ収支2022

パチンコに300万円使うとか、昔の自分だったら正気じゃねぇと、ドン引きしてるな。

さて収支はどのくらいかな?と、その前に、

稼働条件

パチンコの状況は個人や地域に大きく制限されるので、ざっくりと書いておきます。

  • ホールは28玉交換
  • 貯玉制限は一日に2500玉
  • 稼働のメインは新台入替週の仕事帰り。土日は特日と重なれば朝から抽選へ
  • ボーダー±0以下は打たない
  • 現金投資はボーダーと残り時間を考慮する

 

稼働条件をさらに詳しく書いていきたいところですが、窓の外が暗くなってしまうので、この辺で肝心の投資と回収と月ごとの収支一覧に進みましょう。

 

2022年 投資額/月 回収額/月 収支/月
1月 405,927 405,927 -94,944
2月 256,048 474,260 218,212
3月 315,891 146,270 -169,621
4月 252,277 218,330 -33,947
5月 369,146 354,986 -14,160
6月 284,840 420,989 136,149
7月 225,533 285,988 60,455
8月 242,604 315,983 73,379
9月 215,368 219,762 4,394
10月 275,637 176,686 -98,951
11月 88,453 163,677 75,224
12月 357,799 54,609 188,250
合計 3,289,523 3,633,963 344,440

 

一年間に320万円投資して、返ってきたのが投資分+34万円なので、おおよそ一割バックといったところでしょうか。

さらに稼働時間を割り出して、総収支を稼働時間で割れば時給換算もできますが、ここはめんどいので省略しますね。

 

さて、34万円返ってきたよってことで、肝心の期待値はいくら積んだのって話に移ります。

 

「期待値」を説明すると、

期待値のある台を打ち続ければ収支はプラスに、期待値の無い台を打ち続ければ収支はマイナスになります。

3円/回とか、10円/回とか一回転あたりの単価で表すことが出来て、1000回転回せば3000円、10000円の期待値があるよって意味です。

この単価を出すにはパチンコの盤面、特にヘソ周りの釘を読んで、還元する台なのか回収する台なのかを判断します。還元する台ならボーダーを調べて、、、

とまあ、めっちゃ長くなるんでここも省略。

 

パチンコは一日で多くても2000回転がやっと。大当たり確率1/319だと、初当たり6回前後になる計算なので、期待値期待値と騒いでも一日二日では結果が全く出ませんので、ここでも「一年間」という長いスパンで期待値と収支の関係を見たいと思います。

 

2022年 期待値/月 累計期待値 累計収支
1月 9,258 9,258 -94,944
2月 11,542 20,800 123,268
3月 13,765 34,565 -46,353
4月 19,967 54,532 -80,300
5月 65,649 120,181 -94,460
6月 6,755 126,936 41,689
7月 23,900 150,836 102,144
8月 30,394 181,230 175,523
9月 38,900 220,130 179,917
10月 20,230 240,360 80,966
11月 8,465 248,825 156,190
12月 29,983 278,808 344,440
合計 278,808 278,808 344,440

 

2月には収支がプラスにはなるものの、5月までは期待値と収支が反比例する羽目に。

回転数が3万回転を超えていないので(気になる方は「大数の法則」で検索してみてください)、当たり前といえば当たり前なのですが、メンタルに響いてたな。

 

半年を過ぎると収支が追いつくようにプラスへ。

とはいえ、1/319のミドルタイプを打ってると、収支の乱高下がエグい。

こちらは年間収支のグラフ

2022年パチンコ収支

最降下で+14万円から-12万円なので、玉換算すると約6万玉以上。各店舗には貯玉が常時2万玉を切らさないようにしてましたが、それでも心もとない。

 

こうして今年のデータを振り返っていると、反省点ばかり次から次へと湧いてくるので、一向に記事がまとまらなくなりそうなので、今回はここまで。

 

最後に来年へ向けて。

 

2022年下半期から、ホールが明らかにヘソを開けなくなり、期待値が積めなくなる状況が続きました。そこへスマスロ登場。

4円パチンコ、スマスロ、6.5号機、ホールが何処に力を入れるのか?常に状況分析してないと簡単に負けることが出来そう。

 

パチンコで勝てない勝てないと騒いでるわりには、昔の自分のように勝つための努力をしない人がほとんど。でも、ふたを開けてみれば、勝つためには時間と資金がめちゃくちゃ必要。

そりゃパチンコに300万突っ込むとか、頭おかしいの?って思うよ。

でも負けたくないんよ。