溶ラリ

溶接ラリアットでレベル99を目指すブログ

スポンサーリンク

【半自動溶接の美しすぎるステンレス鋼溶接ビード画像】多層盛り

溶接はリラックスが大事!

 

んにちは。

 SSメタルです(^^♪

  

10月に入り昼と夜で気温の差が激しくなってきてますが、皆さんの体調のほうはいかがでしょうか?

  

八戸の朝はもう寒いので、朝、布団から出るのに5分以上かかってしまいます(^^;。

 

さて今回紹介するのは半自動溶接のビードになります。

 

溶接後全体の画像

f:id:ssmetal:20161007210549j:plain

高さが約60cmあります。

80Aと呼ばれるパイプの溶接です。

材質はSUS316L(サスさんいちろくエル)。

 

 

ステンレス鋼スリーブ材の溶接画像

f:id:ssmetal:20161007210941j:plain

これはスリーブ材と言って、二層盛りで仕上げてます。 

 

 

f:id:ssmetal:20161007211057j:plain

半自動でビードをここまで目立たなくするため、電流を5A単位で調整します。

  

 

f:id:ssmetal:20161007211142j:plain

肩ではなく、おなかを使った腹式呼吸なら余計な力が抜け、ブレも少なくなるので一度お試しください。

 

f:id:ssmetal:20161007211243j:plain

 

ポジショナーなんてありませんので、ろくろを自分で作って、左手で回しながら溶接してますよ。 

  

下から覗くと・・・。⇩ 

f:id:ssmetal:20161007211330j:plain

溶接がラップしているところがちょっと目立ちますね( 一一)

 

 

最後に 

めんどくさがり屋の私はスパッタ処理に時間をかけたくありません。 

極力グラインダーをかけなくて済むように溶接にエネルギーを使います。

 

 

早くて綺麗な溶接が出来ると 

「おっしゃー」 ( ゚Д゚)ノ俺って天才!

ってなりますもんね(笑)

 

 

今日も最後まで読んでいただいて

ありがとうございました。 

 

これからも溶接のコツや楽しさを伝えられるように発信していきます 。

お気に入りに登録して、たまに見に来てくれると嬉しいです(^^♪

 

 

★今日のポイント★

 

リラックスするには腹式呼吸