溶接愛ツとラリアット

溶接レベル99を目指すブログ

スポンサーリンク

初めての美しすぎるステンレス鋼Tig溶接ビードはいかがですか?

f:id:ssmetal:20160901193550j:plain 

 この画像を見ていただいて綺麗な色してると思った方は…、

 

ハイ!溶接のセンスがあります!

 また

「溶接の幅が同じ」とか、「これはTIG(ティグ)溶接だな」なんて思った方は、ぜひ私の職場で一緒に働いていただきたい!

 

 

溶接の上達に欠かせない一つの要素として、センスがあります。

溶接の場合は、

「溶接個所を見てどう感じるか」

がポイントです。

 

 

・何が良くて何が悪いのか。

・どこをどう直したら一歩でも前へ進めるのか。

・今の自分に足りないものは何?            

・綺麗なビードを見ると癒される~  ←私だけ?(笑)

 

などなど。現状に満足せずに、

常に向き合っている人はやっぱり上手です。

 

 

「うまくて、はやくて、やすい」製造業の鉄則ですね。

牛丼じゃないよ 

 

 

美しすぎる溶接ビードが出来るまで 

ここからは出来上がるまでの画像です。

 

まずは右から左へ溶接します。↓

f:id:ssmetal:20160901193525j:plain

 

 

 

さらに下から上へ・・・↓ 

f:id:ssmetal:20160901193550j:plain

 

 

溶接個所をブラシで磨くと・・・はい。出来上がり(^^♪

f:id:ssmetal:20160901193616j:plain

 

 

Tig溶接出来るようになるまで何年かかるの? 

 

上の画像だけであれば半年で出来るようになりますよ。もちろん全くの未経験者でも練習ドリルをこなしていくことによって一定のレベルまでは誰でも簡単にできるようになります。 

 

 誰でもです。