Project-Tig

溶接でLV.99を健康的に目指すブログ。梅雨ですね

3‐04 水冷式循環ポンプが弱い時の対処例【ティグ溶接】

水冷式を使用するに当たって、「ポンプの循環が弱い場合の対処方法」を二つ記録します。

3‐01 アークが出ない時の対処法を知る

ティグ溶接でアークが出ない時の三つのパターンを基に、簡単なチェック方法をまとめました。

【水冷式トラブルまとめ】ティグ溶接機

一般的に使われるティグ溶接機は空冷式の事を指すので広く知られていますが、水冷式はその存在があまり知られていないようです。

アルゴン溶接機でアークが出ない3つのパターンの対処法とメンテナンス

あれ?アークが出ない… いざ溶接をしようとしてもアークが出ず、まさか暑すぎたり寒すぎたりで溶接機の故障?と不可抗力を疑ってしまいます。

3‐03 【水冷式】破裂する前に排水ホースと給水ホースの交換方法を知る

200A以上の電流で長時間溶接しても熱ダレが無く、高性能で使い勝手が良いのが水冷式のトーチケーブルです。

アルゴンガスよりアークが先に発生す場合はガスプリフロー時間の調整を【ティグ溶接】

ここではダイヘン製のTIG溶接機におけるガスプリフロー時間の調整方法を記載しています。 この溶接機インバーターアルゴでは、ガスプリフロー時間が0.3秒に設定されています。

【トーチスイッチの故障と交換時期】ティグ溶接

スイッチ故障の症状 あれ? 電気は流れてるのにアークが発生しない💦