Project-Tig

Tig溶接でLV.99を健康的に目指すブログです。 春ですね!

ステンレス薄板溶接

【Dynamiteなステンレス薄板溶接②】外から溶接?中から溶接?~中から溶接編~

前回は、箱もの薄板溶接で「外側から溶接」という選択をし、結果、『やっぱりやりにくいよね。だから、言ったじゃん。』と、自分に突っ込んだところで、今回は、薄板溶接最終回となる「内側から溶接」になります。

【ステンレス薄板溶接①】箱ものは外から溶接?中から溶接?~外から溶接編~

仮付けも終わり、いよいよ溶接をする段階に来ました。 薄板の箱もの溶接では、歪みの影響を受けないのであれば、というか、溶接全般に言えることなんですが、溶接しにくい内側から始めるのが基本です。

【ステンレス薄板仮付け溶接】仮付けのポイントって、、、なんだっけ?

久しぶりに薄板の溶接を頼まれました。 厚さ2㎜のステンレス板をティグ溶接で箱ものを製作し、さらには、径22㎜もある取手をつける、といった感じです。どんな設計だ? 薄板の溶接って何年ぶりだろ、、、 前回は、ステンレス2㎜薄板と22㎜丸棒の溶接のポイン…

ステンレス薄板と厚板の溶接のポイントって、、、なんだっけ?

久しぶりに薄板の溶接をしました。 厚さ2㎜のステンレス板をティグ溶接で箱ものを製作し、さらには、径22㎜もある取手をつける、といった感じです。どんな設計だ?