Project-Tig

Tig溶接でLV.99を健康的に目指すブログです。 春ですね!

仕事の反省!ブログの猛省!男が泣きたい時だってたまにはある!

週末の仕事帰り。

親会社からのムチャ振りでグッタリのまま、何気にかけた車のラジオから中島美嘉さんの歌声が。

人との偶然な出会いがあるように、音楽にも出会いってあるよな~と、後々思い直すことになった彼女の荒ぶる歌声で、私の感情は数秒でグラグラのグラングランに揺さぶられることとなった。 

CDや歌番組の歌い方とは明らかに次元の違う歌い方に、そんなに崩して歌わなくてもいいのにと始めは思っていたのが、気がつけば運転しながら涙がボロボロと。

f:id:ssmetal:20181229225856j:plain

 

タイトルもわからない初めて聞く曲なのに…

 

今まで堪えていた涙が次から次へと溢れてくるもんだから、あわててコーヒー片手に駐車場で一服。

 

行き場の無い感情を涙で流した後、ため息一つ。

 

『疲れてるな~』

 

今まで拒絶するように自覚してこなかったことが、まるで嘘のように冷静にすんなりと受け入れることが出来たんです。

 

上手い下手じゃないんです。

理屈や正論じゃないんです。

 

うまくいかない仕事を誰かのせいにしてました。

やるべき事はしていると自分に言い訳してました。

 

リーダーである自分が心底本気で取り組んでいないのに、周りの皆が付いて来るわけがない。

 

人は肩書きの指示や命令で動くのには限界があります。

 

なりふり構っている場合ではない。

 

飲みかけのコーヒーを一気に飲み込むと、ぬるくなって苦味だけが残る液体が、胃の中に流れ込む感覚が伝わってきた。

家族にも漏らせなかったわだかまりが、彼女の歌声のおかげで、今の自分に何が足りないのか冷静に分析出来たようだ。

 

ハイ、反省終わり!

 

気分もスッキリしたし、 パチ屋へGOGO!

(実際はスロット専門店ですけどね←どっちでもいい)

 

 

~閑話休題~

 

さて、皆さんにとって今年はどんな一年だったでしょうか?

良い一年だったという方もそうでなかったと感じる方も、どうぞもう少しだけお付き合いください。

 

いい歳した私の人知れず号泣した話は置いといて、もうすぐ平成最後の大晦日を迎えようとしています。

 

今年も反省すべき点は多々ありますが、実はブログで一つだけ大きくやらかした事があったので猛省してみます。

  

blog.sus-metal.com 

 

この記事なんですが、実は当初のタイトルが「サマータイム制でも快適ですよ」だったのですが、どうやらこれが私の勘違いのようで『タイムシフト制』を「サマータイム制」として記事を書いてしまったんです。

 

世間はサマータイム制の話題で盛り上がっていた時期であり、多くの人がサマータイム制について興味を持っていたことでしょう。

 

そしたら…、


f:id:ssmetal:20181229215055j:image

 

 

すんげぇ叩かれっぷり

 

それサマータイムじゃねえよ!

とか、

 

混同してるバカが絶えない

とか、

 

それはサマーシフトだ、ボケ!

とかね。

 

記事がバズるのは一過性、といろんな方のブログで拝見していたのですが、記事が叩かれてバズるってのは、まさに『見ず知らずの通りがかりの人に石をぶつけられる』感覚で、押し寄せるブコメを見るのが怖い怖い。

 

布団の中でガクガク((( ;゚Д゚)))震えながら、やらかした~と反省してました。

 

その後、ブクマ経由でPVが上がってきたのでタイトルを変更し、すまねぇという謝罪文を追記しました。記事編集でタイトルを変更してもブックマークされた記事のタイトルは直ぐには変更されないので、タイトルだけ見て訪問する人へのせめてもの申し訳ない気持ちでした。その後のスマホは見ないようにと丸一日放ったらかしです。

次の日見てみると、不本意ながらもブクマ数が今まで付いたこともない34ブックマークとなったわけです。

しかし、全てが幼稚で批判的なコメントというわけではなく、これぞ的確なコメントと言えるものがあったのでそれはそれで大変参考になりました。 

改めて、ネットで発信する事が、見ず知らずの全世界の人に読まれ、様々な書き込みが容易に可能なんだと思いしらされたし、ただ単に、

 

みんな突っ込みたいだけじゃん!

 

ハイ、反省終わり!

 

~閑話休題2~

 

窓の外はすっかり雪景色です。

 

平成最後の年末だからといって特別感慨深い思いは無く、今年も無災害で職場の全員が仕事納めの今日を迎えられたことに深い安堵感を覚えています。

 

読まれてる皆様にとっては穏やかな年末を過ごせるよう祈りつつ、来年が素晴らしい一年になるように心から願っております。

 

それでは、良いお年を!