溶ラリ

Tig溶接クエストでLV.99を健康的に目指すブログです

スポンサーリンク

Tig溶接タングステン電極の理想の角度は30度?45度?それとも…

ティグ溶接ではタングステン電極の先端の角度によって、溶接の溶け込みが変わるって話は皆さんご聞いたことがあるかと思います。

タングステンの先端が30度では、溶け込みが浅く、

Tig溶接タングステン角度30度

 

タングステンの先端が45度では、溶け込みが深くなる。

Tig溶接タングステン角度45度

はじめの頃はいまいちピンと来なかったんですよ。タングステンの先端の角度を30度にしてステンレスを溶接していましたが、この事を知ってから45度に変えて溶接してみても『何か妙に溶けにくいかも?』ぐらいの曖昧な感覚でした。

あと45度ってギリ鈍角でカッコ悪いし(偏見)…。

 

その後は自分の溶接しやすい30度でタングステンを研いでいました。30度はとんがっててカッコいい(偏見)

Tig溶接タングステンの角度45度30度

ピンぼけすまねぇ

ある時、ステンレスのパイプ工場にお邪魔する機会があって、何気に溶接してる職人さんのタングステンを見ると45度で研いでいたんですよね。話を聞くと、鈍角の方が溶け込みが深く裏波を出しやすい、とのことでした。外観の溶け込みが綺麗に出しやすい30度の方が個人的に好きでしたが、再度45度も試してみることに。

 

とはいえ、45度はギリ鈍角でカッコ悪い(偏見)ので抵抗がある。

 

 

しょうがない!強制的に使う状態にするか。 

 

ハンター×ハンターでカイトの念能力に「クレイジースロット」というのがあります。

(ハイ、いつものハンター×ハンターネタです) 

1~6までの数字をランダムに抽選し、出た目の武器を必ず使わなければいけないルール(制約)。 

 

 

私の場合は45度と30度の2種類なので、タングステン入れに45度と30度を半分づつ入れて早速やってみることに。

 

 

 

ドゥルルルルルル~、

Tig溶接タングステン角度30度と45度

 

 

 

 

ドゥン!

Tig溶接タングステン角度45度

 

何だ、お前(45度)かよ!

(# ̄З ̄)

 

と、ブツブツ言いながらも、出たものは使わなければいけないので渋々ながら溶接することに。

 

そんな感じで、しばらく45度と30度を混ぜて遊んで溶接してました。

まあ、このおかげでタングステンの角度が45度でも30度でも、そこそこの溶接ビードを出せるようになりました。

 

今ではステンレス6㎜以上を溶接するときは30度が溶接しやすいという結論に。外観も綺麗です。45度を使うのは2mmの薄板を溶接するときでしょうか。

 

 

ここからはちょっと余談になりますが、

 

私達の一番身近なもので「タングステン」という金属が何に使われているのか疑問に感じたので調べていくと、白熱電球のフィラメントや蛍光灯の両端のフィラメントにタングステンが使われているそうです。

 

白熱電球は、

電気エネルギーを熱エネルギーに変える際、フィラメント(主にタングステン)を高温にしてから光エネルギーに変換するので、何度もフィラメントが高温になることを繰り返しタングステンが細くなり、やがて寿命で切れてしまう、という仕組みのようです。

 

一方LEDは、

電気エネルギーを直接光エネルギーに変換するので効率が良く寿命も長い、との事です。

Tig溶接では、シールドガスにアルゴンガスを使用してるのでタングステン電極が高温になっても酸化しないような仕組みになっています。

この動画中の「白熱電球の中にはアルゴンガスが含まれてる」を聞いたときは、世の中は科学で繋がってるんだねぇと妙に感心しましたよ。Tig溶接を発明した学者さんといい白熱電球を発明した学者さん(⇦誰だっけ?)といい、ありとあらゆる学者さんの恩恵を受けて今の生活が成り立っているんですね。

以前読んだ「決してマネをしないでください」を思い出します。

 

 

 

更に更に余談になりますが、このおもしろ動画「物理エンジン」は現実では不可能なことを再現してくれる検証動画。見ていくと何やら百式観音がどうのこうのネテロがどうのこうの…、

 

 

 

 

 

百式観音…?

 

 

 

 

 

ネテロ…? 

 

 

 

 

もしかして…?

 

 

 

ハンター✖ハンターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!(''▽'')

ネテロの「感謝の正拳突き一日一万回」や最強の念能力である「百式観音」の強さを検証しています。

よくぞ動画を作ってくれました。

シリーズ作の中には「ジョジョ」のスタープラチナの検証や、相対性理論を優しく解説しています。

好きな人にはたまらん内容になっておりますゆえ、ごゆるりとお楽しみください。

 

おわり