Project-Tig

溶接でLV.99を健康的に目指すブログ。梅雨ですね

余計すぎるほど余計な仕事

工場内のLED照明の下で図面を見る。

 

 

何なに、、、

要するに、長さ1mの25Aメッキパイプに目盲(めくら)*1して、細かい部品を装飾するわけか。

 

装飾品は半自動とティグで溶接していく、と。相手はメッキ材だから、ティグるときは溶接箇所は全てグラインダーをかけて、表面のメッキを剥がす、と。

 

内容はいたってシンプルだな
というか誰にでもできる

それが全部で160本+α、、、

(単純作業+単純作業)×3の大量生産ね。

 

こんなのめっちゃ飽きるやつやん

一日が長いやつやん。残業してまでやるやつではないな。

 

 

さてさて、まずは目盲から。

塞ぎ板を仮付けしてから、ぐるっと溶接するとして、

 

う~ん、30度くらいに傾けて溶接した方がやり易いかな。左手で回しながら、トリガーを連続で押す。

 

  ジジジ、ジジジ、ジジジ、、、

 

ふぅ

ちょっと垂れ下がるな。「ジジ」くらいか?

 

 ジジ、ジジ、ジジ、、、

 

もうちょい短めに。電圧をちょい下げて、

 

 ジジ、ジジ、ジジ、、、

 

よし、こんな感じか

 

それにしても安いワイヤは、何でこんなにビードがくすむんだい?

結構なストレスだよ。

僕はSF-1Vを使いたいよ。

綺麗な溶接ビードが見たいんだよ。

おまけにグラインダーをかけるのに体勢がシンドい。これじゃ手首も腰も痛めるよ。

 

今、何本終わった?

え、たったの10本?

 

 

やっぱり飽きた。

こんな単純作業。

誰でも出来るし。

 

なんだかとってもガッカリだよ。

 

 

せっかく納期納期納期納期から解放されたのに。これじゃウンザリ。まだ読んでない鬼滅の刃の最終話を、延々と聞かされてる気分だよ。

 

しょうがない。

とりあえず気になるところだけでも改善するか。

 

左手でパイプを回すとき、抵抗が大きくてやりにくいな。

もう少しスムーズに回すにはどうしたらいい?

 

人差し指と親指の二本くらいで軽く回せるようなもの、、、車輪があったような?

 

 

あ、これこれ

溶接ブログ

 

この上でパイプを回すと、、、

くるくるくる…

 

 

 おお! イイネ~

 

 

小刻みに回せて微調整しやすい!おまけにグラインダーしやすい。

 

 

イイネ~

 

 

 

いいよ~

 

 

 

最高かよ!

 

 

溶接がサクサク進む

 

いつもならワルキューレやファイヤーボンバーやらKalafinaで脳内が一杯なのに、いつの間にか空っぽになってる。

 

 

一通り終わって仕上げを見た。

 

鉄が、とても綺麗だ

 

鉄が綺麗だなんていつ以来だろ 

今までこんな風に仕上げたこと無かったな~

最近納期に追われて、最低限の事しかやってなかったな~

 

今、求められてる以上の事してる

こんな綺麗すぎる仕上げ、誰も見ないし気付かれもしない

品質において全くもって余計すぎるほど余計な仕事してる

錆止め塗装で見えなくなるのに

座っている椅子の裏側を綺麗に仕上げたところで、誰も喜びはしないのと一緒だろ

 

でも俺、めっちゃ喜んでる

これがしたかったんだと、指先や手のひらが歌ってる

 

原価とか単価とか工期とか横に置いといて、

綺麗な仕上げして、めっちゃ喜んでる

 

心がめっちゃ踊る

 

これってあれだね。後から使おうと思って大切に閉まっていた宝物に、すっかり忘れた頃にパッカーンと会えたような感じ。あ~ここにあったんだ、みたいな。 ちょっとメモっとこ

 

ん?

何か聞こえたかと思い時刻を確認する。

いつの間にか休憩を知らせるチャイムが鳴っていた。

 

もったいないな

今、上手くなってるのに


 

*1:パイプの片側を板で塞ぐことです