溶ラリ

Tig溶接クエストでLV.99を健康的に目指すブログです

スポンサーリンク

Tig溶接Lv10 上手に失敗するコツは消去法とPDCAサイクル

TigクエストはいよいよLv10に突入します。

ここまで来たということは、Tig溶接の操作にだいぶ慣れてきていると思います。

今後もTigクエストの道を進むにあたり、上手くいかなかった場合が多く発生すると思います。その時になって大きく挫折しないようにポイントをまとめてみました。

前置きはこのくらいにして早速いってみましょう!

【目 次】

STEP1 まずは消去法を覚えよう!

例えば、Tig溶接で板厚6㎜のステンレス鋼すみ肉溶接を行う場合、

  • 電流…145A
  • ノズルの径…NO.6
  • タングステンの長さ…3㎜

のようにセッティングしたとします。

 

溶接1回目、、、NG!

では次に、タングステンの長さを4㎜にします。

 

溶接2回目、、、NG!

今度は1回目と2回目の間をとってタングステンの長さを3.5㎜にします。

 

溶接3回目、、、NG!

今度は電流を150Aにします。

 

溶接4回目、、、NG!

今度はタングステンの角度を45°に…

 

このように、これも違うあれも違う、といった方法を何度も続けた結果、 

溶接15回目、、、OK!

になりました。

 

ここまでを一旦まとめると

  • 1回目~14回目は失敗
  • 15回目に成功

ということになります。

 

この一連の流れを消去法と呼びます。

溶接技術のみならず、あらゆる分野で通じるものですね。

消去法から見えてくるもの

今回の場合、一方では、

「成功するのに15回もかかり、その前の14回は無駄な時間で遠回りした」といった捉え方ができると思います。 

もう一方では、

成功する方法を1回見つけた。そして失敗する方法も14個見つけたという捉え方ができるわけです。

 

この失敗する方法を14個見つけたということが今回のポイントです。 

失敗する方法が大切

溶接Lvが高い人ほど「失敗する方法」を数えきれないほどたくさん持っています。

それが自身の引き出しとなり、あらゆる状況での対応を可能にします。 

「たまたま失敗する」は無い

以前、楽天イーグルス名誉監督の野村克也氏(ノムさん)が市内で開催された講演会でこんなことを話していました。

 

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし

 

勝負は時の運、とはいえ一つだけはっきり言えることがある。

偶然に勝つことはあっても、偶然に負けることはない。

失敗の裏には必ず落ち度があるはずなのだ。 

溶接を上手く失敗する

溶接に置き換えると 

偶然に上手くいったはあるが偶然に失敗することはない

 

溶接の世界ではちょっとした失敗が完成を大きく左右する場合があります。

失敗した原因にこそ目を向け、理解し準備をすることが次へのステップです。 

先手をうった準備と努力を繰り返せば 、危機的状況を察知するカンも磨かれます。 

ここで考えていただきたいのが

冒頭で挙げた例では電流、ノズル、タングステンの3つ要素だけでした。

これに、

溶接棒の径、溶接姿勢や溶接スピード、高さ。それに鋼材の種類やノズルの角度などなど、様々な要素が加わり、微調整を繰り返すとなるとそのパターン数は軽く万を越え、膨大な数になります。

 

電流150Aでどうだろうか?=計画

  ↓

実際に溶接する=行動

  ↓

溶接の結果=評価

  ↓

次はどうするか=改善 

を、繰り返し試した結果が、血となり肉となり、長い年月を経て熟成された職人へとなるわけです。 

この進め方をPDCAサイクルといいます。 

STEP2 PDCAサイクルとは?

ビジネス関連の本には度々登場する用語です。

Plan=計画

Do =行動

Check=評価

Act=改善

の4つの頭文字でPDCAサイクルと呼ばれます。

P➪D➪C➪A➪P…といった具合に、4つの段階を繰り返し行うことで、仕事の改善、効率化を進めることが可能です。

溶接を上手く失敗する

結局のところ突き詰めていくしかないわけです

消去法

PDCAサイクル

トライ&エラー

言い方は色々ありますが、結局のところ最後は自分自身で突き詰めていくしかありません。

 

『またダメか~~』

 

何度も悩んでは試して、悩んでは試しての繰り返し…。 

偉い学者さんもこう言ってました。

700回失敗したのではなく、700回上手くいかなかった方法を見つけたんだ

ってね。

この記事を書いている私も、溶接、ブログともにPDCA真っ最中です。

 

カテゴリー欄のTigクエストは、Tig溶接初心者の人でもPDCAサイクルを効率よく回せるように作り始めたものです。

 

目的を持ってトライした時の失敗は決して無駄にはなりません。

 

上手く溶接するコツも大切ですが、失敗する方法にも目を向けてみてください。

Tigクエスト LV.1~ - 

 

blog.sus-metal.com