Project-Tig

Tig溶接でLV.99を健康的に目指すブログです。 春ですね!

逆引きでスッキリ一覧!溶接で使えるPro‐Tig流実践ワザ‐ネットで溶接技術を読む!

f:id:ssmetal:20190818163036j:plain

 

  • 目次から各項目にジャンプできます。
  • 本項目において、色が付いた項目は閲覧可能ですが、空白や黒字の個所は今後更新する予定です。ご了承くださいm(__)m

個人のスキルアップや職場での技術指導の参考になれば幸いです。

第1章 基礎知識

  1. 溶接を知る
  2. 保護具の重要性を理解する
  3. 遮光調整を知る
  4. 溶接姿勢FVHOPについて理解する
  5. 溶融池(プール)を知る
  6.  
  7. 欠陥を防ぐ溶接前準備を知る
  8. 溶接後の変形「歪(ひず)み」を知る
  9.  
  10. JIS溶接試験N-2P「酸化」の失敗例を見る
  11. 溶接機の故障の原因となる使用率を知る
  12. 溶接機の定期的なメンテナンスを実行する
  13.  
  14.  
  15.  
  16.  
  17. 融点を知る
  18.  

第2章 ティグ溶接について

  1. 空冷式について理解する
  2. 水冷式について理解する
  3. トーチの構造を理解する
  4. 水冷式ボールスリーブアセンブリでヘッドの角度に自由度を持たせる
  5. ガスレンズについて理解する
  6. タングステンの角度について理解する
  7.  
  8. プリフロー、アフターフローを設定する
  9.  

第3章 ティグ溶接機トラブル解決

  1. アークが出ない時の対処法を知る
  2. トーチスイッチ故障の原因を知る
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  

第4章 ティグ溶接上達『Tig Qest』

   00. ティグ溶接の初期設定と基本操作

  1. 下向きで平面を溶かす
  2. 縦向きで平面を溶かす
  3. 鋼材同士を接合する
  4.  
  5.  
  6.  

第5章 半自動溶接

  1. 半自動溶接のメリット、デメリットを知る
  2. トーチ部品の名称を知る
  3. マイクロスイッチの交換方法を知る
  4.  
  5.  

第6章 半自動溶接トラブル

  1. 炭酸ガスが弱い時の対処法を知る
  2.  
  3.  
  4.  

第7章 半自動溶接上達へ

  1. 溶接中の音を確認し電流を調整する
  2.  
  3. 前進法後退法について理解する

第8章 被覆アーク溶接

  1. 被覆アーク溶接のメリット、デメリットを知る
  2. 棒焼けの原因を理解し吸湿を防ぐ

第9章 被覆アーク溶接上達へ

  1. 溶接中の音を確認し電流を調整する
  2. アークリスタートの重要性を理解する

第10章 溶接用語

  1.  
  2. 「溶け込み」を正しく理解する
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 「アンダカット」を正しく理解する
  8.  
  9. 「止端(したん)」を正しく理解する
  10. 「脚長」、「のど厚」を正しく理解する
  11. 「脚長」を正しく理解する
  12.  
  13.  
  14.  
  15. 「開先」を正しく理解する
  16. 「ブローホール」を正しく理解する 
  17. 「ピンホール」、「ピット」を正しく理解する
  18. 「アークストライク」を正しく理解する
  19. 「ひずみ」を正しく理解する  

第11章 ステンレス施工要点

  1.  
  2.  
  3.  

第12章 溶接スキル上達のために

  1.  
  2.  
  3. 熱量を最小限に抑えて溶接する 
  4. 溶接ゲージの使い方を再確認して品質管理に努める
  5.  
  6.  

第13章 溶接作業による健康リスク

  1.  
  2. 溶接ヒュームによる障害を理解する
  3.  
  4. 防塵マスクの重要性を理解する
  5. 熱中症について理解する
  6. 騒音による障害を理解する
  7. アーク光による障害を理解する
  8. 火災の危険性を理解する

 

あとがき

いつも見てくださる方も
はじめましての方もこんにちは。
SSめたるです。

当ブログ『Project‐Tig』を開設したのは2016年8月のことです。溶接一万時間を優に超える経験をもとに、専門用語だらけにならないように何とか楽しんで読んでいただけるように記事をアップしたところ、「とてもわかりやすい」と多くの方々にご支持いただき、今では『溶接ブログ』と検索すればTOPに表示されほど成長することが出来ました。

記事をアップしていく中で読者の皆さんからコメントをいただくことがあり、新着コメントにドキドキしながらもブロガー冥利に尽きる体験を何度もさせていただきました。本当にありがとうございます。

さて、ブログ開設より3年経過しましたが、読者の皆さんが知りたい情報をより検索しやすいように、『いかに溶接作業者の疑問を解消するか』の視点で、書き溜めた記事を一旦まとめようとしています。

 まとめました! と報告出来ればカッコいいのですが、なにぶんボリュームが多く未完のままではありますが、今後とも少しづつではありますがコツコツと継続して記事をアップしていきます。