Project-Tig

Tig溶接でLV.99を健康的に目指すブログです。 春ですね!

1‐12 溶接機の定期的なメンテナンスを実行する

f:id:ssmetal:20190815065308j:plain
私の職場は鉄工所です。

工場内は溶接ヒュームやグラインダーの切粉などが多く、換気は常にしているものの、壁際や隅などはホコリまみれ。なので半自動溶接機もティグ溶接機も一~二か月に一度、エアーダスターで清掃を行っています。

ティグ溶接機では特に、溶接機正面下部のコイル部分や後ろのファン部分には、湿気や高温により埃が溜まりやすい箇所があるので、重点的に清掃することが溶接機のトラブル防止に繋がります。
f:id:ssmetal:20181213180040j:image

溶接機正面、両サイド、上部、後方からエア攻め!
埃が凄いので保護メガネとマスク装備必須です。

これだけでも溶接機本体は10年以上トラブルがありません。

逆引きでスッキリ一覧!工場溶接で使えるPro‐Tig流実践ワザに戻る