溶ラリ

溶接ラリアットでレベル99を目指すブログ

スポンサーリンク

溶接用語【脚長&のど厚】ステンレスTig溶接

下の図は溶接個所の断面図です。色を塗った個所が鋼材を表し、白い三角形が溶接ビードとなります。

 脚長&のど厚

 

脚長はココ

ビード断面を拡大すると下図のようになり、縦と横の長さを脚長(きゃくちょう)と呼びます。

脚長&のど厚

脚長の長さは図面上で指示されますが、記述が無い場合は一般的に鋼材の厚さの70%程度となります。

〈例〉鋼材の厚さ6mmの場合は脚長は4.2mm

※三角形の斜距離を鋼材の厚さである6mmとすると脚長は必要分確保されます。

  

脚長不足に注意

溶接脚長不足

横の脚長が確保できても縦の脚長が不足している場合脚長不足となり溶接欠陥とみなされるので注意が必要です。

 

 

のど厚とは?

のど厚は理論のど厚実際のど厚があり図の示す長さの事を指します。

 

理論のど厚
実際のど厚
理論のど厚と実際のど厚

 

 

Tig溶接はのど厚不足に注意 

下図のようにTig溶接ではのど厚が凹むのが特徴です。

脚長が8㎜を超える場合の一層盛りは、のど厚の凹みが顕著になるため外観的に欠陥とみなされる場合がありました。多層盛り等の対応が必要となります。

 

Tig溶接のど厚

 

Tig溶接ビード断面 脚長とのど厚

Tig溶接ビード断面

画像の板厚は6mmです。

標準的な半自動溶接では、のど厚が凹むことはありません。

半自動溶接ビード断面 脚長とのど厚

半自動溶接ビード断面



 

脚長、のど厚の数値化は溶接ゲージ


f:id:ssmetal:20180704203750j:image

脚長、のど厚共に溶接ゲージで測定可能です。ゲージで測定する事により品質を均一化でき溶接者の意識も向上します。

 

今の職場に来るまでは溶接ビードは「綺麗であればこのぐらいの幅で問題ないだろう」と考えていました。一見すると何の事はない普通の溶接ビードでも、脚長、のど厚等、図面上の様々な指示に従い施工しています。

実のところ「このぐらい」では済まないシビアな数字を求められる世界なんです。